FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 01

プロフィール

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

認定ヨーガ療法士会 富山 ブログ

富山で活動しているヨーガ療法士とヨーガインストラクターの情報交換の場です。

[トラータカ・ヴェーダ瞑想とヨーガ療法] 勉強会報告  

Posted on 10:50:28

「日本ヨーガ療法士協会富山の勉強会」 シリーズ4

4月から隔月で一般公開で行ってきたヨーガ療法勉強会、2018年12月9日は関沢恵子先生によるトラータカと安達葉子先生のよるヴェーダ瞑想が行われました。今年度最終回の勉強会は初雪!の中、20名余りの参加がありました。
1812091.jpg

 トラータカは一点を凝視する瞑想法ですが、定められた一点を見つめるという方法で「心をそこにおいておく」ということを実践します。これは目の浄化にもなり、集中力をつけることができます。心がふらふらせずに、一つのことに集中する力があって初めて、自分の心を見る、という次のヴェーダ瞑想につながります。
 トラータカの実習では椅子に座ったまま軽く首や肩をほぐし、パーミング、ブラーマリーの練習をした後、ローソクの炎の凝視を行い、徐々に意識を内側に向け、心を静かにしていきました。関沢先生の気持ちの良い声の導きで、会場も段々静かになっていくようでした。
1812092.jpg

1812093.jpg

 心が静かに集中した後のヴェーダ瞑想は、智慧の瞑想です。苦しみや不安は、自身の物事の捉え方から起こりますが、それを客観的に観て、新しい智慧と照らし合わせ、自分はどうなのかと熟考し、内心にいつも問い続ける、そのような繰り返しの訓練、努力の末に悟り、気づきを得るのがヨーガです。
 ヴェーダ瞑想の実習では、安達先生の分かりやすい説明を聴聞して、3つのテーマで瞑想し、二人一組でシェアリングを行いました。
1812094.jpg

1812095.jpg

 その中でも「不都合とは心を育てる肥料なり」というテーマで行った瞑想は、こんなに生活が便利で快適になり、さらなるサービスや効率を求める今の私達はいつも心に留めておきたいことだと感じました。折しもこの日は私自身、朝からスマホが使えなくなってしまい、不都合に心穏やかでありませんでしたので、いい瞑想となりました。
 ヴェータ瞑想では、世界でも通用する昔から伝わる人間の生きる智慧に瞑想しますが、智慧を聴いただけで「では今の私はどうすればいいのか?」と、ヨーガを始めた頃はすぐに答えが欲しかったことを思い出します。しかし、それは体と呼吸を整えることから始まり、自分の心をじっと静かに集中して観られる力をつけてから、徐々に自分自身で分かってくるものだということがヨーガの勤修で分かってきます。
 
マインドフルネスから始まった今年度の勉強会は、そういうヨーガのプロセスをたどるプログラムであったと感じました。(長岡千明)

★勉強会終了後は、岩森さん感謝の集いでした。
1812096.jpg

長らく療法士会 富山の幹事長をされた岩森先生が幹事長を辞され、感謝を込めて 、アイドルの姫が花束を贈呈してくれました。先生、本当に長い間幹事長お疲れ様でした。ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。
ヨガ活動報告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top