FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

プロフィール

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

認定ヨーガ療法士会 富山 ブログ

富山で活動しているヨーガ療法士とヨーガインストラクターの情報交換の場です。

2019年度 国際ヨーガデイ・チャリティーヨーガin 利賀 

Posted on 23:02:32

6/22(土)利賀 「瞑想の館」にてチャリティーヨーガを開催いたします。

参加費は、すべてNPO法人国際セーヴァの会を通して「東北タイ子供支援CAR寄贈プロジェクト」に寄付させていただきます。
ヨーガに参加して国際貢献できる、そんなひとときを一緒に過ごしませんか?
みなさまの温かいご支援をお待ちしております。
toga.jpg

日 時:6/22(土)16時~18時
場 所:利賀瞑想の郷「瞑想の館」 南砺市利賀村上畠101 ☎ 0763-68-2324
参加費:1000円(寄付させていただきます)
講 師:日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士 佐藤亜紀
持ち物:動きやすい服装、水分補給飲料、上着※1、ヨーガマット※2

※1天候によっては6月でも寒い日が予想されます。羽織る上着等をお持ちください。
※2ヨーガマットをお持ちでない方はレンタルできます。

お申込み・お問合せ:メールで6月15日まで。
件名に「チャリティーヨーガ参加」、
本文にお名前、ご住所、お電話番号(緊急連絡先)、ヨーガマットレンタル希望を明記、
shanti.yoga.therapy@gmail.com(担当 佐藤亜紀)までメールでお申込みください。

主催:NPO法人日本ヨーガ療法士協会富山
後援:インド大使館、(社)日本ヨーガ療法学会、北日本新聞社
ヨガイベント  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

国際ヨーガデイ・チャリティーヨーガin 入善 報告 

Posted on 22:53:55

「2019 国際ヨーガディ チャリティヨーガ in入善」  圓林寺にて ポーズも決まっとっちゃ~

6月9日(日)入善町新屋の圓林寺のご境内をお借りしまして、チャリティーヨーガを開催しました。
遠方からも沢山ご参加いただき、25名でお御堂の中で貴重な体験をする事ができました。
1906091.jpg
1906096.jpg


今回は、第3部構成で行いました。
1906099.jpg

第1部 ヨーガ療法 講師:野村勉先生
ヨーガ療法士であるとともにスポーツマッサージの治療院も開かれている身体のコンディショニング作りのプロである先生のウンチクのある語りに耳を傾けながら、アーサナー、呼吸法、マインドフルネスを行いました。お御堂でシャバーサナはとても心静まる時間で、呼吸に意識を集中させ、風のそよぎ、降り出した雨の音なども感じながらのとても安まる時間となりました。
1906092.jpg
1906093.jpg

第2部 笑いヨガ 講師:朝野美緒子先生
いつも笑顔がステキな先生は、ヨーガ療法士であるとともに、笑いヨガリーダーでもあります。笑いヨガが初めてという方も多かったのですが、皆さん先生の笑いに乗せられていつの間にか、笑顔で大きな声で笑って、ハイタッチをして、楽しくリフレッシュできた時間でした。日頃のストレスを大いに発散して、すっかり皆さん打ち解けた雰囲気になりました。
1906094.jpg
1906095.jpg

第3部 ティータイム
ご住職の林ご夫妻の温かいおもてなしの準備に甘えまして、お庭が見えるお座敷へ移動してのティータイムでした。ザーッと降った雨の後のお庭の苔や緑が本当に美しく、よく手入れされた皐月の花の赤やピンクが何とも美しく、心洗われるようでした。最後にご住職お手製の水団子までいただき、おもてなしにすっかりリラックスして打ち解けた参加者の皆さんは、いろいろな情報交換の場となりました。林了真、 芳子ご夫妻のご厚意にあらためて感謝を申し上げます。
1906097.jpg

最後に、今回の収益金28,200円は、日本ヨーガ療法学会を通して、東北タイの子供支援CAR寄贈プロジェクト(NPO法人国際セーヴァの会)に贈られます。ありがとうございました🌸(文:湯口)(写真:湯口、田山)

ヨガ活動報告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

ヨーガ療法・体験説明会 7/7(日)開催! 

Posted on 14:06:03

1906041.jpg

ヨーガ療法は伝統的なヨーガを礎にして、現代に生きる私たちの、誰でもが出来るように改良されたものです。
今、巷にはいろいろなヨーガの提案がなされていますが、ヨーガ療法は一般の人にも、疾患を持つ人にも、その人に応じて出来るように柔軟に提供されるものです。

アーサナ(ヨーガの体操)によって身体機能の保持と回復、呼吸を合わせる事によって心身の調整と落ち着き、静かに自分を調べる事によって、外界に振り回されない自分の確認、5,000年間育まれた智慧によっての揺るぎのない人としての基準。

9月4日からは、更に深く学べるヨーガ教師養成講座(第6期富山YIC)も始まる予定です。
講座を受講する方はもちろん、普段ヨーガ教室に参加しもっと良く知りたい方、最近ヨーガ療法を知ったばかりの方も、ぜひ一緒にヨーガ療法を学び、体験する時間を持ちませんか?
皆さんのご参加をお待ちしています。
 
 日 時  2019年 7月7日(日)
       10:00 ~ 11:15 ヨーガ療法説明・実習
       11:15 ~ 11:30 質疑応答
  会 場  富山県総合体育センター 小研修室
  会 費  無料
  持ち物  飲み物 動きやすい服装 (ヨガマット不要)
  講 師  認定ヨーガ療法士 安達葉子

  申し込み・問い合わせ
    お近くのヨーガ療法士に参加をお伝えいただくか
    安達葉子 メール sattva@pb.ctt.ne.jp にお名前、連絡先をお知らせください
ヨーガ療法  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

第17回日本ヨーガ療法学会研究大会の感想③ 

Posted on 21:36:50

58379848_1232369526922498_3234234781910695936_n.jpg
第17回日本ヨーガ療法学会研究総会が広島で開催され、そのテーマは「呼吸と意識とヨーガ療法」でした。

著名な先生方の講演は、呼吸と意識、自律神経、マインドフルネスと興味深いものばかりでした。
久賀谷亮先生の講演『マインドフルネスと今』では、自分のエゴが出てくるマインドワンダリングの状態の時に、「私」と「考え」を切り離す事、これは熊野宏昭先生が講演の中でも話されていた、「私と思考」今取り組んでいる事から離れて、他の事を考えるマインドワンダリングの状態、「飲み込まれていく私」と「見ている私」=「私」と「思考」というお話と同じものでした。自分がマインドワンダリングの状態に気づくメタ的な気づきが、マインドワンダリングの柔軟性を高めるという内容でした。
シンポジウムで座長を務められた鎌田先生の誘導尋問(⁈)でマインドフルネスは瞑想の入口かも?と苦笑いで答えられる久賀谷先生にとても親しみを感じました。
今回の講演で学んだ事を自分の中に落とし込み、日々の生活で生かしていけるよう努力したいと思います。(筏井千都世)

*写真は広島で見た平成最後の満月
IMG_0814.jpg
ヨガイベント  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

第17回日本ヨーガ療法学会研究大会の感想② 

Posted on 17:09:30

平和記念公園にある国際会議場で、今年のヨーガ療法学会がありました。

1929043.jpg

招待講演「呼吸と意識、自律神経との関連」でお話しされた小林弘幸先生。自律神経のバランスを整えるためにすべきことは何か?いくつも教えていただきましたが、私が特に印象的だったのは、
⚪意識した瞬間から全てが始まる。
⚪まずは朝、今自分がどういう状態かわかることが大切。
⚪外科医の格言で「ゆっくり、早く」という言葉がある。
ゆっくり動いていてケガしない。動きが早いと呼吸をしていない。
呼吸が浅いと自律神経が乱れる。呼吸をすることが大事だと話され、意識を今においてゆっくり動くことが、結局は速やかに物事がはかどるということなんだと理解しました。

「マインドフルネスセッション」では、久賀谷先生とマインドフルネス瞑想を体験しながらのお話。1日のうち、心ここにあらずの状態が多い私にもわかりやすく、集中できました。
次の熊野先生は、心がさまよってマインドワンダリング状態だと脳のエネルギーを無駄遣いしている。しかし、マインドワンダリング傾向は創造性が高いことも分かっていて、さまよってもハッと気づいてすぐ戻れることができれば良いとも言われました。
この気づきの練習は、うつの改善にも役立っていくという研究データもあったので、自分の教室でも丁寧に伝えていければと思います。

美味しい焼き牡蠣も食べて、学びの多い広島でした。(スナダ)
1904292.jpeg
ヨガイベント  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top